お金と家

エリアによって人気のある収益物件が異なる

下見で確認するポイント

紙幣と貯金箱

周辺の空室率を把握しよう

収益物件を購入する際には、実際に下見をすることが重要です。インターネットを利用することにより、情報自体は自宅にいながら全て手にすることができます。しかし、それらの情報だけで収益物件を購入することは、非常にリスクが高くなります。実際に下見をすることで、資料では分からなかった部分も見えてくることがあります。現地を下見する際には、まず周辺の収益物件を確認するようにしましょう。空室がどのくらいあるのかを見ることにより、そのエリアの人気度をある程度把握することができます。周辺の収益物件にあまりにも空室が多い場合には、何かしらの問題がある可能性が高まります。安定した家賃収入を得られなく恐れがあるため、必ずそのエリアの空室率は把握するようにしましょう。

周辺の相場を把握しよう

周辺の収益物件を見る際には、家賃の相場も把握するようにしましょう。どのくらいの賃料であるかを確認することで、適切な資金計画を立てることができます。また、入居率を高めるためには、周辺の相場より安く家賃設定を行うことが有効です。周辺の家賃相場を知ることで、成功する不動産投資を行うことができます。また、購入候補の収益物件をよく確認することも重要です。外壁や土台にヒビは入っていないか、手すりなどはまだ使用できるかを確認することで、修繕費を予め把握することが可能です。新築の収益物件である場合には、建設中に見ることをおすすめします。現場の状態と建物の構造状態は比例します。きれいに整理整頓されている現場であれば、長期に渡って価値を維持する建物を建設してくれるでしょう。

Copyright © 2016 エリアによって人気のある収益物件が異なる All Rights Reserved.