お金と家

エリアによって人気のある収益物件が異なる

専門家に相談する重要性

集合住宅

税理士に相談しよう

一般的に、不動産投資を行う際には収益物件を購入しなければなりません。収益物件を選ぶ際には、自分の判断だけではなく専門家の判断も参考にすることが重要です。専門家ならではの視点により、未然にリスクを摘むことができます。不動産投資に関わる専門家には、まず税理士が最も代表的です。税理士に相談することは、3つのメリットをもたらしてくれます。1つ目のメリットが、確定申告が非常に簡単に行えることです。2つのメリットは、キャッシュフローを把握し、適切な資金計画を立てられることです。3つ目のメリットは、個人で収益物件を保有するのか、法人を設立し収益物件を保有するのかの判断ができることです。いずれも上手に活用することで、税負担を大きく抑えることができます。

弁護士とのパイプを築こう

不動産投資を行う際には、弁護士へのパイプも築いておくことが重要です。収益物件からは安定した家賃収入を得ることができますが、それは入居者が家賃をきちんと支払うことが前提です。これから不動産投資を行っていく中では、家賃をきちんと支払わない入居者と出会う可能性もあります。家賃滞納は非常に悪質なリスクであるため、弁護士に早期に解決してもらう必要があります。また、司法書士に相談できる環境を整えることも必要です。不動産を購入売却する際には、司法書士に登記をしてもらう必要があります。また、金融機関から借入れをする際には、収益物件に抵当権設定登記をしなければなりません。相談できる司法書士がいると、登記に関する相談をすることができます。また、司法書士は民法などにも精通しているため様々な法律問題を解決してくれます。

Copyright © 2016 エリアによって人気のある収益物件が異なる All Rights Reserved.