お金と家

エリアによって人気のある収益物件が異なる

情報の見方と注意点

模型

地番と住所は異なる

収益物件の購入は、収益物件の情報が記載された書類をチェックすることから始まります。不動産に精通していないと分かりにくい部分もあるため、予めチェックすべきポイントと注意点を把握しておくことが重要です。収益物件をチェックする際には、まず所在地を見る必要があります。しかし、所在地の地番は、住所とは異なります。一般的な住所は住居表示によるものであり、地番とは異なるのです。そのため、収益物件を下見をする方は、地番から住所に変換する必要があります。一部の地図には地番と住所が併記されており、変換することができます。地図を持っていない方は、不動産会社に住所を予め確認しておきましょう。確認しておかないと、現地に行ったものの収益物件に辿り着かない恐れがあります。

所有権と抵当権を確認する

収益物件の情報をチェックする際には、所有権や抵当権を必ず把握する必要があります。収益物件の中には、土地と所有者と建物の所有者が異なっているものもあります。このような収益物件の建物は、土地の所有者から借地権により土地を借りている状態です。金融機関からの借入れが難しい面があるため、初めて不動産投資をされる方は避けたほうがいいでしょう。また、抵当権が設定されている場合には、売買時に抵当権を抹消するかを確認しておきましょう。抵当権が付いた収益物件では、金融機関から借入れすることはほとんどできません。また、隣地との境界線も必ず把握しておくことが重要です。地積測量図がある場合には、境界線がしっかりと定められています。もし地積測量図がない収益物件を購入する場合には、購入する前に土地家屋調査士に境界線を明確にしてもらう必要があります。

Copyright © 2016 エリアによって人気のある収益物件が異なる All Rights Reserved.